読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中角栄を読む

田中角栄の書籍を読み始めた。「異形の将軍」という、いかにも素晴らしいタイトルの本だ。歴史小説家として名高い津本陽氏が、これまでの角栄本を引用しながら書いた、いわゆるまとめスタイルの本だ。小説というよりは、ドキュメンタリーに近い。

今もなお続々と書籍が発売される田中角栄という人について、今年に入って興味を持った。今年で30歳になる私の記憶で最も印象に残っているのは小泉純一郎だが、彼とて手放しで称賛されていたわけではなかった。田中角栄はどうして圧倒的な人気を誇ったのか、そして彼はどのような人で、何を成し遂げ、なぜ失脚したのか。それが知りたくて、本を手に取った。

続きは読後に記そうと思う。ブログでレビューを書いても仕方がないので、私が考えたことにフォーカスしていくつもりだ。